カート
ユーザー
絞り込む
商品カテゴリー
特集
特集
オレンジワインのクヴェヴリ仕込みとステンレスタンク仕込みの飲み比べセット
ステンレスタンク造りとクヴェヴリ(甕)造りのオレンジワイン飲み比べセット
6,600円(税600円)
SET2004-015
ステンレスタンク造りとクヴェヴリ(甕)造りのオレンジワイン飲み比べセット
6,600円(税600円)
珍しすぎるオレンジワイン飲み比べセット

このセットは、オレンジワインが好きな方に捧げたい非常に面白いセットです!
→ オレンジワインとは?

2本とも同じ造り手が、同じ品種構成で造るオレンジワインなのですが、違いは・・・

ステンレスタンクで仕込むか、クヴェヴリ(卵形の土器)で仕込むか。
仕込み方の違いで生まれる風味の違いを体験することができる稀有な魅力を持った大変珍しい飲み比べセットです。

【古代から続くクヴェヴリ仕込み】
ワイン発祥の地と言われるジョージアで、古代からワイン醸造に使われてきたのがクヴェヴリという卵形の土器。温度管理ができなかった古代、クヴェヴリを地中に埋めることで温度変化を少なくしてワインを仕込むという素晴らしい知恵でワイン造りを行ってきました!クヴェヴリで仕込むと、ワインの風味は複雑で味わい深いものになります。

【近代的なステンレスタンク】
ステンレスタンクは、当然のことながら近代的な醸造設備です。
ワインに対してステンレスタンクが風味を与えることが無いので、原料ぶどう本来の風味を表現することができます。


このように、古代の仕込みと近代的な仕込みによる風味の違うをリアルに体験できる2本。
体験したくなりませんか??

ワインプロデューサー大西 タカユキ(おーみん)

造り手の「ヴィノ・マルトヴィレ」
1階が醸造所、2階が住居でなんとこのわずかなスペースでワイン造りをしています。当然のことながら、生産量はわずか。「ヴィノ・マルトヴィレ」のワインの大きな特徴は、渋みが非常にソフトで繊細なことであり、とてもキュートで搾りたてのような果実味を有していることで、シンプルかつ立体的なスタイルです。

西部を代表するワイン産地イメレティ
ジョージア最大のワイン産地は、東部のカヘティ地方。カヘティ地方では濃厚な肉料理が多いのでワインも濃厚でクセのあるものが多くなりますが、西部のイメレティ地方では、野菜や鶏肉料理など軽めのお料理が多いのでワインも味わいが優しくて飲みやすく繊細なものが多いのが特徴です。


■ヴィノ・マルトヴィレ ツォリコウリ クラフナ(クヴェヴリ仕込み)

ヴィノ・マルトヴィレ ツォリコウリ クラフナ(クヴェヴリ仕込み)

  • 産地:ジョージア・イメレティ地方

  • 味わい:オレンジ・親しみやすく薫り高い辛口

  • 品種:ツォリコウリ50%、クラフナ50%

  • 合う料理:鶏の照り焼き、春巻き、フライドチキン


ツォリコウリとクラフナをクヴェヴリで1ヶ月醸し、クヴェヴリで5ヶ月発酵、ステンレスタンクで3ヶ月シュールリー熟成し満月前後に瓶詰めしました。オレンジを帯びたイエローの外観から、マンゴーなどの黄果実のアロマ、瑞々しい口あたりにエキスが綿密に詰まった見事な味わい、複雑味とエレガントなタンニンが継続します。認証は取得していませんがオーガニックです!

■ヴィノ・マルトヴィレ ツォリコウリ クラフナ(ステンレスタンク仕込み)

ヴィノ・マルトヴィレ ツォリコウリ クラフナ(ステンレスタンク仕込み)

  • 産地:ジョージア・イメレティ地方

  • 味わい:オレンジ・親しみやすく薫り高い辛口

  • 品種:ツォリコウリ50%、クラフナ50%

  • 合う料理:筑前煮、肉じゃが、おでん、たこ焼き


ツォリコウリとクラフナをステンレスタンクで1ヶ月醸した後プレス、ステンレスタンクで5ヶ月発酵、3ヶ月シュールリー熟成し満月前後に瓶詰めしました。アンバーオレンジの色調から鰹節とホワイトペッパーの香り、硬質の酸に旨味系の口あたり、滑らかな味わい、酸を纏う美しいテイストが永遠に続く余韻です。認証は取得していませんがオーガニックです!

■ワインの説明シート付き
お届けしたワインについての詳細や合う料理などが記載された以下のような説明シートを同梱してお届けします!
ワイン説明シート(イメージ)
写真の銘柄はイメージです。(この銘柄が届く訳ではありません)


■ワインセットの内訳
ワイン750ml 合計2本
1本平均価格 3,000円(税別)

  • ヴィノ・マルトヴィレ ツォリコウリ クラフナ(クヴェヴリ仕込み) × 1本

  • ヴィノ・マルトヴィレ ツォリコウリ クラフナ(ステンレスタンク仕込み) × 1本

  • 各ワインの説明シート × 1セット


ワインの保管方法
お届けしたワインは、ワインセラーもしくは冷蔵庫・冷蔵庫の野菜室で保管していただくことをオススメしますが、ワインセラーや冷蔵庫に入らない場合は、夏場(6〜9月頃)を除いて涼しいお部屋で保管していただいても大丈夫です。